コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

イギリス英語(rubbish bin)

今日は
イギリス英語についてちょっと書いてみます。


「悪いんだけど、コレrubbish binに捨ててくれる?」

ribbish bin


今の職場に勤めて最初に「???」と思った言葉です。
これ、イギリス英語です。


ちなみにアメリカ英語では
trash can
trash can と言います。 




そうです。
正解は「ゴミ箱」です。


イギリス人が多い私の職場では
私たちが中学・高校で習ったアメリカ英語だと
意味が分からないことが時~々あります。

でも それも文化の違いということで
面白いんですけどね。(^^)

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

文化の違い(サンドイッチ編)


先日イギリス人の同僚とランチをしていたら
「日本のサンドイッチは色んな具を挟みすぎよね」と言われました。

最初、どういうパンのことを言っているのかピンとこなかったのですが
彼女いわく、例えばこういうパンのことらしいです。↓↓

日本のサンドイッチ

焼きそばパン(炭水化物同士)や
フルーツ挟んだフルーツサンド、
肉を入れたカツサンドなどなど
確かに種類豊富ですよね。




じゃぁイギリスではどうなのかと彼女に聞いてみると、
こんな感じだそうです。↓↓

イギリスのサンドイッチ

「SIMPLE IS THE BEST!!」らしく、
サンドイッチに挟むものといえば
キュウリ、ハム、チーズなどが主流なんだとか。
しかもパンは白パンよりブラウンパン(ライ麦パンとか?)が多いらしいです。
 
ちょっとお洒落な喫茶店とかホテルに行ったらオーダーできる
3段重ねのクッキーやらサンドイッチやらがのってるプレートに出てくるサンドイッチが
まさにこれですよね。(高くてめったに行けないけど。)


3年前くらいにイギリスに行ったとき食べたサンドイッチも
確かにシンプルなものが多くて
日本の焼きそばパンみたいなものは無かったかも・・・。

 
いいと思いますけどね、焼きそばパンもフルーツサンドも。
美味しいですし。

まぁ、それが文化の違いなのですね
おもしろい!


コンテントヘッダー

イギリス、紅茶の話。その2

日本人がイメージする
イギリス人の紅茶の飲み方は、こんな感じです。 
ティー2 




うちの職場のイギリス人たちの
紅茶の飲み方は、こんな感じです。


ティー

ティーパック常用。(楽だもんね)
スプーンの裏でエキスをしっかり押し出す。(濃いのがお好き?)



 
wow! 

 
コンテントヘッダー

料理英語

以前 職場のイギリス人から
カレーのレシピを教えてもらいました。

聞いただけだと忘れるのでと、
紙に書いてもらったが
結局 料理用語がイマイチ分からず作らないままに・・。




ということで、
その時 教えてもらった用語、
使いそうな用語を 少し載せてみます。



今度 時間のあるときに作ってみようかなぁ・・
        (↑たぶん作らない。)




・bake(動詞):(オーブンなどで)焼く
・heat(動詞):~を熱する   
 例:heat the oven to 300°(オーブンを300度に温める)/ heat the oil (油を温める)
・stir(動詞):~をかき混ぜる
・mix(動詞):~を(~と)混合する、一緒にする、加える
・drop(動詞):~を落とす、ポタポタ落とす
・dip(動詞):~をちょっと浸す、サッとつける
・beat(動詞):~を強くかきまぜる、泡立てる
・add(動詞):~を加える
・simmer(動詞):とろ火でトロトロ煮る


これで英語のレシピも読めるかも!?

プロフィール

アリ

Author:アリ
アラサー女子、結婚7年目。

大切にしている言葉は
「You are what you eat」

趣味はパン作り、小物作り、
英会話、色んな人と出会うこと。

只今 2歳の息子に毎日振り回されています。



★カウンター★




★ランキング★
よかったらクリックお願いします。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。